安倍首相「大変な衝撃、心からお見舞いする」 マクロン仏大統領にメッセージ

 安倍晋三首相は16日午後、フランス・パリのノートルダム大聖堂の火災を受け、「この大いなる喪失に際し、全ての日本国民はフランスとともにあります」などとするマクロン仏大統領に充てたメッセージを公表した。

 首相は「パリの象徴であり、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界(文化)遺産として世界中に愛されているノートルダム大聖堂が炎に包まれているのを見て、大変な衝撃を受け、深く心を痛めています」と表明し、「フランス国民のさまに心からお見舞い申し上げます」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ