群馬県議選 期日前投票始まる サッカー会場でも投票呼びかけ

 統一地方選前半戦の県議選(4月7日投開票)の期日前投票が30日、市役所や町村役場など43カ所で始まった。この日は、投票率の下落に歯止めをかけようと、県選挙管理委員会がサッカーJ3のザスパクサツ群馬のホーム戦会場の正田醤油スタジアム群馬(前橋市敷島町)で、看板や動画などで投票するよう有権者に呼びかけた。

 前橋市では市役所1階の特設会場で、訪れた有権者が一票を投じた。同市江田町の会社員、田村一哉さん(29)は「投票日は仕事なので、期日前に投票に来た。群馬をより良くしてほしいという思いを込めた」と話した。

 県選管は正田醤油スタジアム群馬で、投票を呼びかけるチラシやクリアファイルなどを配布。フィールド内に選挙期日を掲載した看板を設置した。ハーフタイムには大型電光掲示板で、県のマスコットキャラクター、ぐんまちゃんが登場する動画を放映。「ぐんまちゃんは7歳のため選挙権がありませんが、選挙権のある方は投票を忘れずに」とPRした。

 このほか、沼田市出身のザスパの若手MF、田中稔也選手が、事前収録した場内アナウンスで「大切な一票を投じて、自分の意見を政治に反映しましょう」と呼びかけた。

 期日前投票は31日、4月1日、4日からスタートする会場もあり、計70カ所で実施。一部の会場を除き、投開票日の前日の6日まで、午前8時半~午後8時に行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ