立民・枝野氏、共闘より単独主義の思惑

 「『野党再編』は嫌いなんですね、国民は。『自民党に代わりうる政権担当能力のある政党』って、何か言っているようで何も言っていない。自民党と何が違うのかを言わないと永田町のゲームにしか見えない」

 国民民主、自由両党の合併構想などの「大きな固まり」を目指す動きは、枝野氏の目には政権獲得への逆行と映っている。野党関係者の間でしか通じない「結集」や「共闘」の大義を声高に叫ぶよりも、党単独でエッジの効いた姿勢を打ち出したほうが有権者に響く-。そんな思惑がある。

 一方で枝野氏は28日の記者会見で、次期衆院選に関し「(与野党の)一騎打ちの構造を作ろうという状況なら対応する用意はある」とも語った。野党共闘に頼るほかない他党の事情を見透かし、多くの選挙区で早々に候補を決めて「交渉カード」にする狙いもありそうだ。(松本学)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ