あの舛添氏以下!? 小池都知事の手腕、都職員の評価は「46点」 都政新報・後藤編集長「庁内の信用、完全には得ていない」

 東京都議会が大混乱している。旧築地市場の跡地利用をめぐり、小池百合子都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」と、都議会自民党などとの対立が激化しているのだ。14日の予算特別委員会は、小池氏の政策ブレーンを参考人招致するかで、怒号が飛び交った。こうした現状を都庁幹部や職員は、どう見ているのか。都政の汚職・腐敗追及に取り組み、歴代知事と対峙(たいじ)してきたことで知られる都政専門紙「都政新報」(1950年創刊)の、後藤貴智(たかのり)編集長に聞いた。

 「小池氏は築地市場移転や、昨年策定した受動喫煙防止条例などで、混乱を招きながらも一応は着地させた。ただ、行政をどう回していくかは、まだ弱いという印象だ」

 後藤氏はこう述べた。

 小池氏は2016年7月、女性初の都知事に就任した。地域政党「都民ファーストの会」も率いて、都議会第1党の座も守っている。ただ、都政混乱が相次ぎ、都職員に影響が出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ