小池都知事「フリーズしていては市場生かせない」 築地再開発、当初方針の修正は否定

 旧築地市場跡地(東京都中央区)の再開発を議論する都議会経済・港湾委員会が4日開かれ、小池百合子知事は、一昨年に公表した築地再開発を含めた基本方針について、「なんら変わっていない」としつつ、「基本方針を述べたところでフリーズして(立ち止まって)いては、市場を生かすことにつながらない。必要な対策を講じている」と述べた。小池氏が各会派の議員との一問一答形式に臨んだ。

 都幹部は「当初方針の修正を認める答弁」と指摘、議会内でも同様の見方が広がるが、小池氏は報道陣に「(修正したとは)言っていない」と否定した。

 自民の山崎一輝(いっき)都議は「知事の基本方針は、直後の都議選でも公約だった。中身が変わったのに、変わっていないというのは詭弁(きべん)だ。なぜちゃんと説明しないのか」と批判。小池氏は「築地が培ってきた食文化を生かすという趣旨は変わっていない」と反論した。

 経済・港湾委員会を含む都議会常任委員会は、各会派と都の担当幹部が一問一答をするのが通常で、知事の出席は珍しい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ