萩生田幹事長代行「安易な妥協せず良かった」 米朝会談受け

 自民党の萩生田光一幹事長代行は28日夜、東京都内で開かれた公益財団法人「国家基本問題研究所」(櫻井よしこ理事長)の月例研究会で、米朝首脳会談に関して「トランプ大統領が安易な妥協をしなくてよかったというのが正直な感想だ」と述べた。

 萩生田氏は「(朝鮮半島から)核をなくす努力は必要だが、短距離ミサイルは残していいと(トランプ氏と北朝鮮との間で)握られれば、日本の脅威はなくならない」と指摘した。そのうえで「結果は冷静に受け止め、しっかりウオッチしていきたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ