二階氏、カツ丼平らげ「選挙勝つ」

 自民党の二階俊博幹事長は9日、党大会前日恒例の屋台村でカツ丼を平らげ、統一地方選と参院選の勝利に向けて験を担いだ。カツ丼や豚汁が「とんとん拍子に勝つ」との意味を込めて提供され、法被姿の二階氏は党幹部や一般党員と共に食事を楽しんだ。記者団には「選挙は一日でできるわけではない。毎日の積み重ねだ」と強調した。

 屋台村は例年、党本部屋外に設けるが、今年は雪のため党本部内で開催。2025年の大阪・関西万博開催を祝い、たこ焼きも振る舞われた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ