公明・斉藤幹事長「韓国のかたくなさは残念」 レーダー照射問題で

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は21日のBSフジ番組で、防衛省が韓国との火器管制レーダー照射問題に関する実務者協議の打ち切りを公表したことについて「日本側は二度とこういうことが起きないための協議をしたかった。韓国側のかたくなな姿勢は残念だ」と述べた。

 斉藤氏はレーダー照射について「まかり間違えれば武力衝突に発展しかねない危険な事象だ」と指摘。その上で「防衛省は技術的に難しい内容をわかりやすく提示している」と語り、火器管制レーダーの探知音の公開といった日本側の対応に理解を示した。

 夏の参院選に関しては「今回改選する過半数を自公で獲得し、参院全体で安定多数を維持することが目標だ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ