日仏、海洋対話を年内開催 インド太平洋で連携強化

 日仏両政府は11日(日本時間同)、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をフランス北西部ブレストの海軍施設で開いた。インド太平洋地域での海洋安全保障で連携を強化する方針を確認。安全保障や環境問題を含めた「包括的海洋対話」の創設で合意した。年内に初開催する。両政府は協議の成果をまとめた共同声明を発表した。

 日本側から河野太郎外相、岩屋毅防衛相、フランス側からルドリアン外相、パルリ国防相が出席した。

 共同声明はインド太平洋地域での自衛隊と仏軍による共同訓練の定期実施などを盛り込んだ。中国の海洋進出を巡り、東・南シナ海問題に懸念を示し「緊張を高める一方的行動に強く反対する」と表明した。

 岩屋防衛相は同日、パルリ国防相と会談し、仏軍の空母が参加する日仏共同訓練をインド洋で年内に実施することで一致した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ