「稼げる東京」目指し国と協議 小池都知事インタビュー

 小池百合子知事は昨年12月末、産経新聞との単独インタビューに応じ、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、出勤時間をずらす時差ビズやテレワーク(在宅勤務)などの普及を進めるとともに、東京大会後も「稼げる東京」を目指し、都内のインフラ整備に向けて国と協議していく方針を示した。

(聞き手 社会部長 中村将)

 --年が明けると2020年東京五輪・パラリンピックまで1年、ラグビーワールドカップ(W杯)もある。どのように東京の魅力をアピールしていくか

 「東京大会はまさしくショーケース。ICT、多言語化、AIは2020年のレガシー(遺産)になる。その結果として、12年ロンドン大会がモデルケースといわれる一つの理由は、大会が終わってからも観光客が増え、経済も伸び続けたこと。私たちが考える東京のアイコンは東京タワーやスカイツリーですが、外国の人からすると渋谷のスクランブル交差点とか、私たちが気付かないところ。2020年は日本人にとっての日本の発見のよいきっかけになるのではないかと思います」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ