「日韓関係否定的な韓国側の動きは残念」 レーダー照射で菅氏

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は28日午前の記者会見で、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題などについて「日韓関係に否定的な韓国側の動きが相次いでいることは大変残念だ」と述べた。

 レーダー照射問題の対応については「日韓の防衛当局間を中心に必要な協議が継続されていくものと承知している」と述べるにとどめた。

 日韓防衛当局は27日、レーダーの照射に関する実務者による初のテレビ協議を開いた。菅氏は「防衛省から、改めて遺憾の意を伝え、再発防止を強く求めたほか、事実関係を中心にそれぞれの立場を説明した」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ