河野外相、レーダー照射で韓国に「対応の努力」要求 24日の高官協議で議題に

 河野太郎外相は23日、韓国海軍駆逐艦が石川県・能登半島沖で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について、24日にソウルで開く日韓外務省局長協議で取り上げることを明らかにした。羽田空港で記者団に「日韓関係をしっかりとマネージするために韓国側にもしっかりと対応の努力をお願いしていきたい」と述べ、韓国側の前向きな対応を求めた。

 河野氏は、いわゆる徴用工をめぐる韓国最高裁判決に対し韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相らが対応策を検討しているとした上で、レーダー照射の問題について「韓国政府には一貫した対応をしていただきたい」と求めた。照射の事実認識をめぐり日韓防衛当局間で食い違いがあることについては「防衛省がしっかりと対応してくれると思っている」と述べるにとどめた。

 日韓協議は日本から外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が出席し、韓国外務省の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長らと協議する。金杉氏は23日、ソウルに出発する前に記者団に対し、レーダー照射の問題について「共通認識を持つことが大事だと思う。そういった点も含めて意思疎通をしたい」と強調した。協議では徴用工問題の対応も議題となる見通しだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ