岩屋毅防衛相「韓国側、きちんと説明を」 自衛隊機へのレーダー照射

 岩屋毅防衛相は21日夜のBSフジ番組で、韓国海軍による自衛隊機へのレーダー照射について「攻撃直前の行為だ。不測の事態を招きかねず、韓国側にはきちんと説明してもらいたい」と強調した。

 元徴用工訴訟の韓国最高裁判決など日韓関係の悪化に起因するかを問われると「そうであってほしくない。(元徴用工などの)問題が積み重なってのことではないと信じたい」と述べた。

 21日に実施した韓国への抗議内容について「強く遺憾の意を表すと同時に、二度とこのようなことが起こらないよう再発防止を申し入れた」と明らかにした。

【用語解説】火器管制レーダー

 実際の射撃を前提として、目標とする艦艇や航空機に電波を照射するレーダーで、艦艇などに搭載される。

 警戒監視用のレーダーとは異なり、対象との距離や速度などを精密に計算。照射したことで、直後に射撃することが可能になる。

 照射された側は周波数などでレーダーを感知し、警戒音が鳴るような装置を搭載し、対応を取る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ