大阪北部地震半年 被災地の小学校で防災新聞づくり

 この日は3種類の新聞について、班ごとにその内容をプレゼン。「色分けで目立つようにした」などと紙面の狙いなどについて説明した。これについて関西大学社会安全学部の城下英行准教授(防災教育)のほか、産経、読売、毎日の新聞各社のNIE担当者が講評した。

 参加した同小の平井和奏(わかな)さん(9)は「取材ではいろいろなことが聞けてよかったし、前より防災に関心を持つことができました」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ