立民・斎藤氏と自民・神田氏、収支報告未公開

 立憲民主党の斎藤嘉隆参院議員(愛知選挙区)と自民党の神田憲次衆院議員(比例東海)が、関係する政党支部や資金管理団体の平成29年分の政治資金収支報告書を期限内に愛知県選挙管理委員会に提出していなかったことが7日、選管などへの取材で分かった。その結果、県選管による今回の地方分の報告書公開に間に合わなかった。

 政治資金規正法は各年の国会議員の報告書を原則翌年5月31日までに提出するよう定めている。

 斎藤氏は、代表を務めていた民進党支部と資金管理団体で期限を守らなかった。事務所は「事務手続きのミスだった。6月5日に提出した」と説明。取材に対して開示した2団体の報告書によると、合計収入は4954万円だった。

 神田氏は自民党支部で提出が遅れた。事務所は「事務作業が遅れ、期限後に提出した」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ