辺野古用の土砂積み込みを再開 岩屋防衛相が表明

 岩屋毅防衛相は5日、防衛省で記者団に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に向けて、同市安和の民間会社「琉球セメント」の桟橋で、埋め立て用土砂の船への積み込み作業を再開したと発表した。必要な手続きに不備があるとの県側の指摘を受けて、3日午後から一時中断していた。

 岩屋氏は、辺野古沿岸部へ14日に土砂を投入する方針に変更はないと強調した上で「影響がないように作業を進めたい」と述べた。県側から未提出を指摘されていた桟橋工事完了を県に届け出たため、再開に至ったと説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ