自民・竹下亘前総務会長 徴用工判決で韓国を批判

 自民党の竹下亘前総務会長は29日、韓国最高裁がいわゆる徴用工だったと主張する韓国人男性の訴えを認め、三菱重工業に損害賠償を命じた確定判決について「世界の常識に反する。日本国としては強く抗議するのはもちろんのことだ」と厳しく批判した。

 また、韓国国会議員の竹島(島根県隠岐の島町)上陸や日韓合意に基づく「和解・癒やし財団」解散なども挙げ「不愉快なことが多すぎる。日本をどうしようと思っているのか。文在寅(ムンジェイン)韓国大統領は(日韓関係は)『未来志向』と言うが、未来志向だとはとても思えない」と不快感を示した。自民党竹下派の会合後、都内で記者団に語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ