入管法改正案 国民民主党が29日にも対案提出

 国民民主党の玉木雄一郎代表は28日の記者会見で、外国人労働者の受け入れ拡大に向け在留資格を創設する出入国管理法改正案の対案を29日にも参院に提出する方針を示した。

 国民民主党の対案は、現行の外国人技能実習制度の抜本的見直しのほか、産業や地域ごとに外国人労働者の受け入れ総数に上限を設けることなどが主な内容になる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ