産経・FNN合同世論調査 内閣支持率47・3% 憲法に自衛隊明記賛成は50・2%

 憲法改正については、賛成が52・3%で反対が38・2%と賛成が上回った。自衛隊を違憲と答えたのが21・2%あり、戦力不保持を定めた9条2項を維持した上で自衛隊を明記する首相の案に賛成と答えたのが50・2%、反対が36・3%だった。ただし、自民党の改憲案を24日にも召集予定の臨時国会に提出することについては賛成が42・9%、反対が48・3%で、反対がわずかながら上回った。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の移転に関し、同県名護市辺野古への移設に代わる案を見つけることができると答えたのは40・8%、否定的な回答は48・2%だった。朝鮮半島情勢や中国の海洋進出などを踏まえて沖縄に米軍基地は必要だとする回答は64・5%に達した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ