小池百合子知事、サマータイム導入に慎重 「IT技術者を怒濤のように…」

 東京都の小池百合子知事は28日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピックの際、国全体の時間を早めるサマータイム(夏時間)制度を導入することについて「(システム改修に)IT技術者を怒濤のように投入することは、人材の配分としてどうなのか」と慎重姿勢を示した。

 小池氏は「これから元号変更や消費税増税など膨大なシステム改修作業が控えている」と指摘。「西暦2000年問題」の際も時間をかけて切り替えに対応したことを挙げ、五輪まで残り2年を切った段階での制度導入は現実的ではないとの考えを述べた。

 一方、仕事後の夕方の時間を活用することができれば「新たな需要ができ、人生を楽しむ機会が増える」と指摘し、五輪にこだわらないサマータイム導入は検討の価値があるとした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ