西日本豪雨 安倍晋三首相、被害の広島視察

 安倍晋三首相は21日午前、西日本豪雨により100人以上の死者が出るなど甚大な被害を受けた広島県を訪問し、被害状況を確認した。同県三原市の避難所を訪ね、被災者に「大変でしたね」「何かあったら言っていただければ」などと語りかけ激励した。自衛隊による給水や入浴の支援活動も視察し、隊員をねぎらった。

 首相はその後、住民の避難誘導中に土砂崩れに巻き込まれて男性警察官2人が殉職した広島市安芸区の現場に足を運び、黙祷(もくとう)を捧げた。西日本豪雨被害で首相が被災地入りするのは岡山、愛媛に続き3県目。首相は15日に広島県視察を予定していたが、右脚の股関節の痛みのため中止していた。

 午後には広島県の湯崎英彦知事らと意見交換するほか、自衛隊ヘリコプターで上空から被害状況を確認する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ