日米原子力協定自動延長 官房長官「わが国の活動の基盤、日米関係からも重要」

 菅義偉官房長官は13日の記者会見で、日本に使用済み核燃料の再処理を認めた日米原子力協定が30年の期限を迎え、17日に自動延長されることに関し「協定はわが国の原子力活動の基盤の1つをなすもので、日米関係の観点からも極めて重要だ」と述べた。

 また、使用済み核燃料から取り出すプルトニウムの日本の保有量が増え、国際社会で懸念が広がっていることについて「利用目的のないプルトニウムは持たないとの原則を引き続き堅持すべく、利用を進める」とした上で「国際社会に丁寧に説得力のある説明をしていきたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ