日朝高官、モンゴルで接触 日本の立場伝達

 外務省の志水史雄アジア大洋州局参事官は14日、国際会議出席のため訪問しているモンゴルの首都ウランバートルで、北朝鮮外務省の傘下組織、軍縮平和研究所のキム・ヨングク所長と短時間、意見交換した。志水氏は日本人拉致問題に関し、日朝間の直接交渉で解決を目指す日本政府の基本的な立場を伝えた。

 両氏は北東アジアの安全保障問題を話し合う国際会議「ウランバートル対話」に出席していた。同会議には昨年も日本側からアジア大洋州局審議官が出席し、北朝鮮関係者に拉致被害者の早期帰国を求めていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ