役に立たぬ「友好」を絶対視するな 「日朝友好」で思考停止してしまう人たち

 【日本の選択】

 「日朝友好」という四文字が目に入ると、たちどころに思考停止してしまう人たちがいる。だが、冷静に考えてみれば、友好関係それ自身を絶対視することは、必ずしも「正しい選択」とはいえない。

 第2次世界大戦前、英国首相のネビル・チェンバレンは、アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツとの友好関係を模索した。彼は、独裁者との友好関係を何よりも重んじ、ミュンヘン会議でもヒトラーに譲歩し続けた。「いくらヒトラーとて人間である限り、信義は重んずるだろう」との判断からのものだった。

 戦争を回避しようと対話を続けたチェンバレンは「平和を重んずる政治家」と、当時の英国民に支持された。だが、ヒトラーにとって英国の譲歩は、愚かな惰弱さ以外の何ものでもなかった。

 宥和政策ではなく、ヒトラーと対峙(たいじ)する必要性を説いたウィンストン・チャーチル(のちの英国首相)は「好戦論者」とみなされていたが、彼の厳しい指摘こそが正論だったのだ。

 ドナルド・トランプ米大統領と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールで会談した。だが、会談それ自体に意味はない。会談の結果、何がなされるかこそが重要なのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ