自民、参院選改革法案を提出 各会派合意至らず 伊達参院議長が協議打ち切り

 参院各会派は14日、参院選挙制度改革を話し合う代表者懇談会を開いた。合区を維持して参院定数を6増し、比例代表に拘束名簿式を一部導入する自民党の公職選挙法改正案について議論したが、合意に至らず、自民党は改正案を参院に提出した。今国会で成立する見通しだ。

 国民民主党は懇談会で伊達忠一議長に斡旋(あっせん)案の提示を求め、立憲民主党や日本維新の会なども同調した。しかし、伊達氏は会期末が迫っているとして「具体的な案がある会派は速やかに提出してほしい」と今後は国会で議論するよう求め、協議を打ち切った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ