安倍昭恵夫人の原動力は「夫のために何かしたい」

長期政権ゆえに注目を集めてしまうとの指摘も

長期政権ゆえに注目を集めてしまうとの指摘も

 初代内閣総理大臣・伊藤博文の妻の名、その生まれや人柄について知っている人がどれくらいいるだろうか。名前は「梅子」、芸姑として働いていたが、「総理の妻」になるや、英語を身につけるなど向上心が高かったという。一説では、“浮気者”だったという伊藤だが、そんな夫を支え続けた良妻と評価が高い。

 時は移って、平成30年の今、“総理夫人”安倍昭恵さんが世間を騒がせている。なぜか。政治評論家の有馬晴海さんが言う。

 「昭恵夫人の原動力は、良くも悪くも“夫のために何かしたい”ということです。2006年、安倍一次内閣の時、ブッシュ大統領夫人に『ファーストレディーは何をすればいいか』と尋ね、『自分が思うことをやればいい』と言われたのも大きかったと思います。“いろいろなところに足を向けて、総理の耳になろう”という決意があったんでしょう」

 たしかに今回問題となっている教育現場から反原発の集会まで昭恵さんの行動範囲は広く、自身を“家庭内野党”と称しての発言が物議を醸したこともある。

 「それもこれも、“総理が自分では行けない場所で広く意見を聞きたい”“妻だからこそ反対意見も言いたい”という、夫を思ってのことだったんだと思います。ただ、それが裏目に出てしまった」(同前)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ