「質問は私が作った」 「都民」都議、ファイルを上書き保存と説明 「やらせ」疑惑を否定

 東京都の小池百合子知事が事実上率いる「都民ファーストの会」の樋口高顕都議が都議会委員会の質問案として都側に送ったファイルの作成者名が小池氏に近い当時の都顧問だったことについて、樋口氏は16日、元顧問からファイルを受け取ったことを認めた。ただ「質問自体は私自身が作った」とし、同ファイルを自ら編集して都側にメールしたと説明した。

 この質問をめぐっては議会内で「顧問が原稿を渡したやらせ質問の疑念がある」との指摘が出ている。樋口氏は「やらせではない」と強調する一方、「今後は疑念を持たれないようにしたい」と述べた。

 樋口氏によると、築地市場(中央区)移転問題に関する昨年9月の委員会質疑に向け、市場移転問題で小池氏に助言していた当時の都顧問、小島敏郎氏に築地再開発に関する情報提供を求めた。小島氏から受領したワード文書に自ら用意していた質問を付け加えるなど編集を行って保存し、都の担当者にメールした。

 他人作成の文書に上書きした経緯について「さまざまなファイルを開く中で、そうなった。深夜でドタバタだった」と説明した。

 小池氏は報道陣に「樋口さんが一から(質問を)作り、それに(小島氏の)アドバイスを加えたと聞いている」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ