名護市長選 新人・渡具知武豊氏が現職・稲嶺進氏を猛追の接戦

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の同県名護市辺野古移設問題が最大の争点となる名護市長選は4日、投票が行われ、即日開票される。いずれも無所属で3選を期す現職の稲嶺進(72)=民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦、立民支持=と、元市議で新人の渡具知武豊(どぐち・たけとよ)(56)=自民、公明、維新推薦=の2氏(届け出順)による一騎打ちで、移設を推進してきた渡具知氏が、移設反対の稲嶺氏を猛追し、接戦のもようだ。

 市長選は移設を着実に進めたい安倍晋三政権と、反基地を貫く「オール沖縄」勢力の象徴、翁長雄志(おなが・たけし)知事による「代理戦争」の様相で、今秋の知事選の前哨戦に位置づけられる。結果は辺野古移設の進捗(しんちょく)に影響を与えるため、与野党が総力戦を繰り広げている。

 共産党などから手厚い支援を受ける稲嶺氏は「辺野古に基地は造らせない」と一貫して移設反対を前面に掲げ、国との協調路線を目指す渡具知氏は「市民生活の向上」や「経済振興」に力点を置いて訴えている。

 「最後の訴え」となる3日には、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が1月31日に続いて渡具知氏の応援に入るほか、稲嶺陣営は共産党の小池晃書記局長らを迎え、それぞれ無党派層などの取り込みに全力を挙げる。

 1月27日現在の選挙人登録者数は4万9372人。2日までの期日前投票は計1万7269人で、前回同時期(1万2141人)を5128人上回った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ