二階氏、枝野氏の首相批判に反論「酷評するほど憲法問題に詳しいとは思えない」

 自民党の二階俊博幹事長は24日の記者会見で、立憲民主党の枝野幸男代表が衆院本会議の代表質問で、安倍晋三首相(党総裁)が目指している憲法改正に関して、憲法観が違うとして「真っ当な議論ができるはずもない」と発言したことについて「どうだこうだと酷評するほど、あの人らが憲法問題に詳しいとは思えない」と反論した。

 二階氏は「自民党は自民党でしっかり勉強して、国民の期待に応える憲法論議をしっかりやって、まとめていきたいと思う。あの人たちとは責任の度合いが違う」とも訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ