小泉進次郎氏「安倍批判」もサラリ、聴衆の心をつかむコツ&自民大勝に貢献も高揚感ゼロのワケ

 衆院選で自民党の「選挙の顔」として全国遊説に奔走した小泉進次郎筆頭副幹事長(36)は党の圧勝に貢献した。希望の党の代表を務める小池百合子東京都知事(65)の衆院議員時代の地盤であり、小池氏最側近の若狭勝氏(60)が出馬した東京10区に何度も入り、小池氏批判を繰り返した効果は大きい。結果的に若狭氏は比例復活もかなわず落選し、希望の党は空中分解の危機にひんしている。だが、当の小泉氏の表情はいまいちさえない。単なる照れ隠しなのか。そのワケとは-。

 「人は本当によく集まってくれた。でも(圧勝の)手応えはない。選挙結果と乖離がある」。衆院選から一夜明けた23日午後、党本部で全国遊説に関わった党職員をねぎらいに回った小泉氏は、選挙結果についてこう述べた。記者は若狭氏の落選を「小泉さんの功績ですね」と水を向けたが、「ものは取りようだから」とそっけない。

 小泉氏の全国遊説の規模は安倍晋三首相(党総裁)と並ぶ。10日の公示日から21日の選挙戦最終日までの12日間で、小泉氏は計18都道府県、55会場で演説し、移動距離は約1万2913km(首相は計22都道府県、61会場、約1万2726km)。自民党によると、聴衆は計13万1000人だった。どの会場でも1時間以上前から人が並び、小泉氏が登場すると歓声があがる。演説後、小泉氏は街宣車を降りて候補者と並んで歩くことが多く、毎回、握手を求め、スマートフォンや携帯電話で写真を撮影する人だかりの山ができた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ