共産党演説会で目立つ白髪、ハゲ頭…深刻な高齢化と党員減少 「赤旗」部数、野党共闘にも影

 小池氏は「寝ても覚めても」とげきを飛ばすが、党員数が一気に回復する見通しはほとんどない。共産党は次期衆院選で民進党など野党3党に対し、選挙区での野党候補をなるべく一本化するよう呼びかけているが、これは295選挙区の大半に候補者を擁立する旧来の手法が難しいことの裏返しでもある。

 共産党は民進党に対し「互いの候補の相互推薦」などを選挙協力の条件としているが、民進党幹部は共産党の苦しい台所事情を見透かし、余裕の表情でこう語る。

 「共産党は『野党共闘』しか道がないのだから、向こうのハードルが低くなっていくのをじっと待てばいい。『相互推薦』などいずれ絶対条件にしなくなるはずだ」

 民進党の本音は、共産党候補が自主的に候補者を取り下げることだ。ただ、民進側も共産票がなければ、与党候補とまともに渡り合えない実情もある。両党が牽制し合う現状を一番喜んでいるのは、高みの見物の安倍首相かもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ