共産党演説会で目立つ白髪、ハゲ頭…深刻な高齢化と党員減少 「赤旗」部数、野党共闘にも影

 党員減少に歯止めをかけるため、不可欠なのが若者世代への働きかけだ。党では7月の参院選東京選挙区で当時31歳の山添拓氏を当選させ、各地の地方選挙でも40歳代以下の候補者を積極的に擁立するなど、さまざまな手を打っている。

 党のホームページには、ネット選挙の解禁に合わせ、若者向けの「日本共産党カクサン部」を開設。最近では「政権を倒す勇者たちを見よ!」と題し、トレーディングカードを使って安倍晋三政権への批判を展開して「部員」を募集するなど、イデオロギー色を感じさせないような宣伝活動も行っている。

 しかし党関係者は、今の若者世代は政治そのものに距離を置く姿勢が目立ち、スカウトにも限界があるとこぼす。

 「7月の参院選では、安全保障関連法に反対する若者グループ『SEALDs(シールズ)』の幹部を多く党の集会に招いたが、選挙後に若者の入党が飛び抜けて増えてはいない。今の若者は、どこかの政党に所属するなどという帰属意識が薄く、党員になったり『しんぶん赤旗』を購読するような旧来のスタイルは通用しない」(党関係者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ