大阪府の重症病床使用率60%下回る 新型コロナ

大阪府庁=大阪市中央区

大阪府庁=大阪市中央区

 大阪府は11日、新型コロナウイルスの感染者向けに確保した重症病床の使用率が59・7%となったと発表した。60%を切ったのは昨年11月29日以来2カ月半ぶり。府内では11日、141人が感染し、新たに50~90代の男女9人が重症となり、療養中の重症者は141人となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ