東京都、自宅療養者の対策強化 病床確保へ医療機関支援金も

都庁第一本庁舎=新宿区

都庁第一本庁舎=新宿区

 新型コロナウイルスの自宅療養者が急増する中、東京都は21日、健康観察などの対策強化を進めることを明らかにした。健康状態の変化の早期把握に向けて血液中の酸素飽和度を測定する機器「パルスオキシメーター」を貸与し、都が管轄の多摩地域で行っている食料品配送などの対象を都内全域に拡大する。入院先が見つからずに死亡するケースもあることなどから、回復期にある入院患者の転院を受け入れた医療機関を対象に支援金制度を設けて病床を確保していく。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ