パチンコ店戻らぬ客、強力換気で密イメージ払拭図る 関西3府県緊急事態1週間

前の写真へ
パチンコ店における換気システム実証実験の様子。充満した煙が実験開始10分後にはほとんどなくなった

パチンコ店における換気システム実証実験の様子。充満した煙が実験開始10分後にはほとんどなくなった

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、京都、大阪、兵庫の3府県に緊急事態宣言が再発令され1週間が過ぎた。昨年の宣言で休業要請を求められたパチンコ店は今回、時短営業への協力を依頼されている。だが、応じても協力金は出ない上、「どこまで効果があるのか…」と懐疑的な声も根強く、通常営業を続ける店が多い。昨年1年間に全国で約600店が廃業したパチンコ店。遠のいた客足を取り戻そうと、業界を挙げて感染対策の徹底をアピールするが、道のりは険しい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ