変異種の国内感染拡大に警戒感 監視強化も検査に限界

臨時閣議に臨む田村憲久厚労相=18日午前、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

臨時閣議に臨む田村憲久厚労相=18日午前、首相官邸(佐藤徳昭撮影)

 新型コロナウイルスの変異種の市中感染が起きていた可能性が明らかになり、国内での感染の広がりに警戒感が強まっている。国は監視体制を強化する方針だが、変異種を検出するための検査は質量ともに限界がある。従来種より高い感染力で急激に感染拡大する恐れが指摘されており、医療現場のさらなる負担増加とともに、第3波の長期化を懸念する声も出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ