東京のクラスター641件 昨年12月まで 施設ごとに異なる課題 

東京都庁第一本庁舎

東京都庁第一本庁舎

 東京都は14日、新型コロナウイルスの感染拡大により、都内の病院や高齢者施設などでクラスター(感染者集団)が発生した件数が昨年12月までで計641件に上ると発表した。都は感染が広がった状況を詳細に調べようと、都実地疫学調査チーム(略称・TEIT)を各施設に派遣。病院では患者にマスクを着用させる難しさや、企業では、派遣社員の健康状態が把握しにくいなどの課題が浮かび上がった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ