コロナ第3波に「3密回避」だけでは不十分、本当の危険スポット 経済回しながら感染拡大の抑制、家庭や職場で徹底自衛が重要

新型コロナウイルス(オレンジ色)の電子顕微鏡画像=米国立アレルギー・感染症研究所提供

新型コロナウイルス(オレンジ色)の電子顕微鏡画像=米国立アレルギー・感染症研究所提供

 新型コロナウイルスの国内感染者が2日連続で2000人を超えるなど、第3波は大きくなる一方だ。無症状の感染者も多いが、重症化リスクの高い中高年の感染も増えてきた。経済に大打撃を与える緊急事態宣言のような厳しい自粛に逆戻りしないためには、家庭内感染や職場クラスター(感染者集団)から身を守る必要がある。専門家は「3密」(密集、密接、密閉)回避だけでは不十分だとして、具体的な自衛策を挙げた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ