見えない飛沫、正しく回避 スパコン「富岳」で可視化 

前の写真へ
次の写真へ
歌っているときの飛沫のシミュレーション(理化学研究所、豊橋技術科学大、神戸大提供)

歌っているときの飛沫のシミュレーション(理化学研究所、豊橋技術科学大、神戸大提供)

 理化学研究所のスーパーコンピューター「富岳」で新型コロナウイルス対策の評価を進める同研究所などのチームが発表した飛沫(ひまつ)に関するシミュレーション結果。マスクによる感染予防効果や飲食店のテーブルでどこに座ると飛沫を受けるリスクが高いかなどを分析した。見えない飛沫が可視化されていることで、日常生活を送る上でも参考になりそうだ。理研の坪倉誠チームリーダー(神戸大教授)は「感染リスクがどこにあるのか、それに対してどういう対策を取ればいいのか啓発したい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ