浅草の三社祭、みこしは車で移動 コロナ対策、5カ月遅れ

前の写真へ
「三密」を避けるため、トラックに載せられた浅草神社本社神輿「一之宮」が雷門を通過した=18日、東京・浅草(鈴木健児撮影)

「三密」を避けるため、トラックに載せられた浅草神社本社神輿「一之宮」が雷門を通過した=18日、東京・浅草(鈴木健児撮影)

 新型コロナウイルスの影響で延期されていた浅草神社(東京都台東区)の三社祭が18日、最終日を迎え、神社のみこしが町会を巡行する「宮出し」が行われた。今年は「密」を避けるため、みこしをかつぐのではなく、御用車(トラック)で運ぶ異例の移動方法となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ