タブレットで教育どう変わる 端末1人1台 今年度中に配布へ 

次の写真へ
タブレット端末を使って学習する飯能市立奥武蔵中学校の生徒(同市提供)

タブレット端末を使って学習する飯能市立奥武蔵中学校の生徒(同市提供)

 学校教育のデジタル化を進める国の「GIGAスクール構想」の取り組みが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一気に加速した。全国の大半の公立小中学校で、今年度中に全児童生徒へパソコンあるいはタブレット端末が1人1台配布される見通しだ。気になるのは、導入によって学校教育がどう変わるか。全国的にも早い段階からタブレットを使った学習を導入してきた埼玉県飯能市を取材した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ