芝野虎丸二冠、史上最年少3冠「藤井さんに負けていられない」/囲碁

芝野二冠は村川十段を下し、史上最年少・最速の3冠を達成=26日午後、東京都千代田区の日本棋院(撮影・三尾郁恵)

芝野二冠は村川十段を下し、史上最年少・最速の3冠を達成=26日午後、東京都千代田区の日本棋院(撮影・三尾郁恵)

 囲碁のタイトル戦、第58期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局が26日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、挑戦者の芝野虎丸二冠(20)が141手で村川大介十段(29)に黒番中押し勝ちし、3勝1敗で十段を奪取、史上最年少の20歳7カ月、プロ入りから最速の5年9カ月で3冠に輝いた。将棋では高校生プロ、藤井聡太七段(17)が第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(同主催)で最年少戴冠を目指しているが、一足早く快挙を達成した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ