旅館・ホテルを避難所に 和歌山・那智勝浦町が16施設と協定

協定締結式に臨む和歌山県那智勝浦町の堀順一郎町長(右端)と宿泊施設の関係者=同町役場(同町提供)

協定締結式に臨む和歌山県那智勝浦町の堀順一郎町長(右端)と宿泊施設の関係者=同町役場(同町提供)

 和歌山県那智勝浦町は25日、台風シーズンなどに備え、旅館やホテル、民宿を、避難所として活用する協定を町内16カ所の宿泊施設と締結した。災害時の避難所は新型コロナウイルス感染リスクの高まる「3密」(密閉・密集・密接)が避けられないことから、町が計画。住民が避難所として宿泊施設を利用した場合、1人当たり1泊5千円を負担する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ