使い捨てのため安全性高く 紙製フェースシールド 名は「オリガミ」

前の写真へ
改良を重ねた産学共同開発の紙製フェースシールド(右から古い順)。当初は潜水服やロボットのような形状だった

改良を重ねた産学共同開発の紙製フェースシールド(右から古い順)。当初は潜水服やロボットのような形状だった

 新型コロナウイルスの感染拡大で医療用資材が不足する中、鳥取大医学部付属病院(鳥取県米子市)が県内企業と連携し、紙製フェースシールド「ORIGAMI(オリガミ)」を開発した。軽くて曇りにくいのが特徴で、折り紙のように手で折って使用する。使い捨てのため安全性も高い。プロジェクトチームは「感染防御のために多くの人に役立てばうれしい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ