「従軍慰安婦」「南京事件」自虐記述は適切か 皇室表現に疑問も

「南京事件」についての各社歴史の主な記述

「南京事件」についての各社歴史の主な記述

 24日に検定結果が公表された中学校の教科書(令和3年度から使用)で、社会科では「従軍慰安婦」の呼称が復活したほか、「南京事件」などについて自国の近現代史をことさら悪く描く記述が一部でみられた。天皇の役割についても「国民全体でコントロールする」と、一般的な国民感情とはそぐわない記述もあったが、いずれも検定意見はつかなかった。新学習指導要領で自国の歴史や文化への愛情を深めることが求められる中、自虐色が強く、天皇への敬意に欠けた記述は適切なのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ