甲府の中1女子が手作りマスク612枚を山梨県に贈る ネットの声さまざま「世の中捨てたもんじゃない」「これは大人の役目」

山梨県の長崎幸太郎知事(右)に手作りのマスクを贈る滝本妃さん=17日、県庁(渡辺浩撮影)

山梨県の長崎幸太郎知事(右)に手作りのマスクを贈る滝本妃さん=17日、県庁(渡辺浩撮影)

 甲府市の山梨大付属中1年、滝本妃(たきもと・ひめ)さんが17日、山梨県に手作りのマスク612枚を贈った。新型コロナウイルスの感染拡大でマスク不足が社会問題となるなか、自作のマスクを役立ててもらおうというもので、「ドラッグストアに長蛇の列ができたり、ネットで高額で転売され、マスクを必要としている人に届いていないのを知り、母に頼んでお年玉貯金を崩して材料を買いました」と滝本さん。このニュースを受け、ネットでは、滝本さんの行動を称賛する声が上がる一方、中学1年生にここまでさせなくてはいけない世の中を嘆くユーザーも少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ