新型コロナ患者に膵炎治療薬 東京大が月内にも臨床研究

新型コロナウイルスの治療薬候補について会見する東京大の五神真総長(中央)ら=18日、東京都文京区

新型コロナウイルスの治療薬候補について会見する東京大の五神真総長(中央)ら=18日、東京都文京区

 新型コロナウイルスの治療薬として、日本で長く使われてきた急性膵炎(すいえん)の治療薬「フサン」が有望とみられることを東京大の研究チームが突き止め、18日に発表した。月内にも臨床研究を開始し、早期の実用化を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ