新型肺炎「ウイルスに二面性、正体見えず」大安研の奥野理事長

インタビューに応じる大阪健康安全基盤研究所の奥野良信理事長=大阪市東成区(南雲都撮影)

インタビューに応じる大阪健康安全基盤研究所の奥野良信理事長=大阪市東成区(南雲都撮影)

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、西日本の公衆衛生研究の中核機関である大阪健康安全基盤研究所(大阪市)の奥野良信理事長(73)が産経新聞のインタビューに応じた。奥野氏は新型コロナウイルスに関し、現時点で爆発的な感染力はみられなくても特殊な環境で拡散し、高齢者は重症化するとして「二面性があり、正体が見えない。不思議な感染症だ」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ