体揺らして坂東曲 報恩講のクライマックス

「坂東曲」の法要で体を激しく揺らしながら念仏を唱える僧侶ら=28日午前、京都市下京区の東本願寺(永田直也撮影)

「坂東曲」の法要で体を激しく揺らしながら念仏を唱える僧侶ら=28日午前、京都市下京区の東本願寺(永田直也撮影)

 真宗大谷派の本山、東本願寺(京都市下京区)で宗祖・親鸞の命日にあたる28日、僧侶らが上半身を前後左右に大きく揺らしながら念仏を唱える「坂東曲(ばんどうぶし)」が営まれ、8日間に及ぶ親鸞の遺徳をしのぶ法要「報恩講(ほうおんこう)」が最終日を迎えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ