上信電鉄下仁田駅で踏切事故想定で初の合同訓練 警察、消防と連携

真剣な表情で情報を交換する電鉄、警察、消防の関係者=8日、群馬県高崎市の上信電鉄下仁田駅(椎名高志撮影)

真剣な表情で情報を交換する電鉄、警察、消防の関係者=8日、群馬県高崎市の上信電鉄下仁田駅(椎名高志撮影)

 上信電鉄(群馬県高崎市)は8日、下仁田駅(同県下仁田町)で富岡署、富岡甘楽広域消防本部と列車事故復旧訓練を行った。踏切事故を想定した初の合同訓練で、上信電鉄の「いざという時に密接な連携を図りたい」との呼びかけで実現。総勢約60人が参加した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ